退職金・企業年金コンサルティング

  1. トップページ
  2. サービスについて
  3. 退職金・企業年金コンサルティング

退職金・企業年金コンサルティング

企業の規模、業種、社歴や、退職金・企業年金制度の設置有無等で異なる課題やニーズがあることが一般的です。企業ごとに異なる制度設計上の課題を、経験豊富なコンサルタントが解決し、企業と従業員にとって最適な退職金・企業年金制度の構築をお手伝いします。

ネクストプレナーズの退職金・企業年金コンサルティング

幅広い企業規模・業種に対応できるコンサルティング

当社では、確定拠出企業年金・確定給付企業企業年金のほか、中小企業退職金共済やその他共済の活用した資金運用設計並びに制度設計上の選択制の導入まで大企業はもちろん、中小企業でも導入できる退職金・企業年金コンサルティングを展開しています。特に中小企業に特化した退職金・企業年金制度の選択肢から、御社に最適な退職金・企業年金制度をご提案いたします。

窓口をひとつにして事務コストを最小化

制度設計から導入、運営まで窓口は私ども一社にお任せいただけます。 退職金・企業年金制度の見直し・新設では、人事・法務・税務といった各分野の専門家や管轄行政機関とのやり取りが個別に発生するため、中小企業では担当者への負担や複数の専門家利用により外注費が増大します。一方、制度設計から導入の流れで発生する専門家との窓口を、各分野に精通した当社のコンサルタントに一本化させることで担当者の負担を最小化します。もちろん、導入後の運営のサポートも引き続きお任せいただけます。

ネクストプレナーズの企業型確定拠出年金プラン

企業の人数規模に関係なく、1名からお引き受けが可能です。
選択制の制度設計から導入運用まで一貫してサポートします。

ネクストプレナーズの企業型確定拠出年金プラン図 ネクストプレナーズの企業型確定拠出年金プラン図

従業員の満足度を高める導入サポート

従業員の理解が進むよう、社内説明会やプレゼンテーションは豊富なノウハウと実績を持つ当社がサポートいたします。多くの企業では、従業員の将来を考えて、退職金・企業年金制度の見直しを行います。こうした自社の新制度の概要や導入の目的もきちんと従業員に伝えることができれば、将来の余計な不安や心配に追われることなく、より安心して働くことができます。また、従業員は現在や将来の手取額への影響を当社のシミュレーションから明確にイメージすることができ、全体の加入率の向上も見込めます。その結果、会社に対するロイヤリティの向上や、従業員の満足度の向上、従業員離職率の低減が期待できます。

ネクストプレナーズの退職金・企業年金コンサルティングプラン

大企業ではすでに、会計基準の変更をきっかけに退職金や企業年金の見直しが行われるなど対応が先行しています。中小企業でも退職金・企業年金制度の再構築の検討がされており、具体的には3つのニーズに分かれます。

ニーズ1退職金の社外積立制度を見直したい。

現行の企業年金制度は大企業向けであり、資産運用の条件や掛金原資の問題などから導入条件としての人数制限があり、柔軟な制度設計ができないなど、中小企業の実情に合った制度構築に苦慮する例も少なくありません。当社は、退職金の積立制度としての選択肢は幅広く展開しており、業種や規模を問わずご加入いただける中小企業向けの確定拠出年金、確定給付企業年金のほか、中小企業退職金共済の活用まで貴社のニーズにお応えする解決策を提案できます。新規に制度を設計するだけでなく、企業年金制度間の移行までトータルでサポートします。

ニーズ2厚生年金基金解散に伴い、受け皿となる制度を検討したい。

2013年に厚生年金基金制度を抜本的に見直す法律が成立し、2014年4月の改正法施行を受けて、厚生年金基金制度の廃止に向けた動きが加速しています。厚生年金基金解散後の受け皿制度としては、既に自社で独自に確定拠出年金や確定給付企業年金を併用している場合は、既存制度を受け皿として利用することが考えられます。新たに受け皿制度を設ける場合は、1つの規約で複数企業の制度を運営する「総合型」の確定拠出年金のほか、地域・業種を問わず加入できる「総合型」の確定給付企業年金などがご検討いただけます。受け皿制度の選択肢としてはこれらのほかに中小企業退職金共済もあり、自社の状況にマッチしたプランをご提案できます。

ニーズ3福利厚生制度の充実を図りたい。

人材確保、生産性の向上等競合他社に負けない労働条件として退職金・年金制度を新設したいが、財源確保が難しい。福利厚生の充実はしたいが、ローコストで導入することはできないか。近年では、中小企業のニーズに対応する形で、退職金制度そのものではなく福利厚生制度として企業年金を利用するケースも進んでいます。財源確保が厳しいなか、当社では、給与の一部を掛金とする制度設計(いわゆる選択制)も引き受けており、少ない費用負担で従業員満足度の向上を実現できます。選択制の場合、大手金融機関の総合型の規約では対応できず希望する制度を実現できないことがありますが、当社の選択制確定拠出年金では当社が運営管理機関として総合型パッケージプランをご提供できるので、柔軟な制度設計でもお引き受けできます。

退職金・企業年金コンサルティングの流れ

退職金・企業年金制度構築案のご提案までは無料でいたしますので、お問合せ下さい。

  1. 無料診断申し込み

    ホームページまたはお電話でお問合せください。無料診断の申込書と専用の診断シートに貴社のご状況をご入力いただき、当社までお送りください。貴社に最適な制度の診断を無料にて実施いたします。

  2. 無料診断のご報告

    現状分析の結果をご報告し、再度ヒアリングを行います。表面的な課題だけでなく根本的な課題を明確にすることでお客様と課題認識を共有し、最適な制度構築案・プロジェクトの各工程・スケジュール・お見積り金額をご提示いたします。

  3. 詳細分析結果と制度設計のご報告

    詳細分析用の人事データをご提出いただき、分析結果をもとに制度設計案の詳細をご提示します。

  4. 導入正式決定

    当社と契約書を正式に締結し、各種申請書類の準備をしていただきます。

  5. 導入作業

    社内規定の整備や関連行政機関への手続きを行います。

  6. 新制度運用の開始

    新たな退職金・企業年金制度を運用し、制度定着の施策を支援します。